kv

当社は、「ニーズの多様化」、「労働人口の減少」、「育児・介護と仕事の両立の必要性」といった社会的背景を鑑み、
以下3点を働き方改革の目的と位置付け、改革を推進しております。

働き方改革の目的

・働く方の個々の事情に応じて、多様な働き方を選択できるようにすること
・一人一人の意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ること
・社員の自己実現と、会社の発展および社会貢献

働き方改革の3本柱

当社では、働き方改革を以下の3つのカテゴリーに分け、推進しています。

01
01
社員が安心して働ける環境づくり
more
02
02
健康経営
more
03
03
社員間コミュニケーションの活性化
more
 

01

社員が安心して働ける環境づくり

オフィスリノベーション、制度の拡充、働く場所を限定しないモバイルワークやテレワークの導入など、社員のニーズを反映させた働きやすい環境づくりを進めてきました。また、長時間労働を是正すべく、36協定順守、有休取得率向上を目指す取り組みを全社一丸となって進めています。

社員が安心して働ける環境づくり
lineup01
働きやすい環境

オフィスリノベーション
リフレッシュエリア新設

lineup02
労務管理

36協定遵守
有休奨励日の導入
時間外労働時間の削減

lineup03
制度の整備

半休制度、テレワーク制度導入、フレックスタイム制度拡充(コアタイム短縮)、在宅勤務手当新設、ビジネスカジュアル導入

lineup04
社員の資産形成をサポート

企業型確定拠出年金制度準備中
(2021年10月開始)

数字で見る
働きやすい環境づくりへの取り組み

労務管理は取組前と比較して改善しています。特に時間外労働時間は大きく改善しています。

時間外労働時間
graph_01
約1/2に削減
平均有休取得率
graph_02
少しだけ上昇

こちらはなかなか上がりません。
平均有休取得率80%を目指して努力中

テレワークの実施状況(2021年)
テレワーク率 2月 3月 4月 5月 6月 7月
88% 89% 87% 90% 87% 84%
2月 88%
3月 89%
4月 87%
5月 90%
6月 87%
7月 84%
ほぼ全社員がテレワークできる環境で就業しています。
graph_03
東京都より、TOKYO働き方改革宣言企業の認定を受けました。

02

健康経営

健康経営
greeting
当社の健康経営の方針

「社員の健康は会社の大切な財産である」という理念に基づき、健康経営を推進しています。社員が心身ともに健康であってこそ、最大のパフォーマンスを発揮でき、社員の成長、生きがい、会社の活性化や発展につながると考えているからです。社員一人一人の幸福と、会社の継続的な発展および社会貢献のために、私たちは、これからも健康経営に取り組んでまいります。

代表取締役 清水 宏太

lineup05
健康管理
lineup06
健康増進
lineup07
健康優良企業への
取り組み
取り組み
社員の健康管理 健診費用補助の拡大
(35歳以上の健保指定ドック、40歳以上の人間ドック、女性社員の婦人科検診費用会社負担)
社員の健康増進 感染症対策(インフルエンザワクチン接種)
ストレッチタイム導入(15:00~15:10)
私の健康チャレンジ
お休み宣言(年の初めに5回の有休希望日を宣言して、上司と共有する取り組み)
無限健康月間(10月~12月)
メンタルヘルス 健康相談窓口の設置、ストレスチェック、メンタルヘルス研修、ハラスメント教育の実施
病気と仕事の両立支援 病気休暇の新設と両立支援制度で社員をサポート
その他 メルマガによる意識啓蒙
2020年度 健康優良法人の認定を取得
年間での取り組み
graph04
数字で見る
健康経営の取り組み
健康診断受診率
100%
40歳以上の人間ドック受診率
100%
私の健康チャレンジ

自身の健康のために1年を通して何に取り組むか、社員一人一人が決めて、健康チャレンジ宣言をしました。

graph05

03

社員間コミュニケーションの活性化

夏祭り、おでん会など、飲み会的なイベントの企画が主でしたが、今年度から新たに横のつながり、健康増進を軸にしたスポーツイベントを開催予定(ウォーキング大会、運動会など)

社員間コミュニケーションの活性化
夏祭り

夏祭り

おでん会

おでん会